よくある質問線サイトマップ線交通アクセス
月形町とは 歴史 アウトドア イベント お食事処 お土産・特産物 宿泊施設
歴史

明治14年・月形村開村 北海道第一号の刑務所誕生
月形村開村の背景

月形村に集治監が選ばれた理由月形町は、明治14年に空知管内第一号の村として開村しました。その背景には、犯罪者の急増にありました。当時、明治維新後の士族による新政府への反乱が各地でほう起しました(明治7年の佐賀の乱、10年の西南の役など)。更に、自由民権運動の事件も起こり、全国に多数の国事犯、重罪犯が生じました。そのため彼らを監獄に収容する必要に迫られたのです。
そんな中、当時の内務卿・伊藤博文が「未開の地に反乱分子や凶悪犯を隔離し、彼らの労力を駆使して開墾し、自給自足させれば、監獄経費の節減になる」と提案。
そして明治14年、この地に樺戸集治監が設置され、この地を開拓するために移住してきた人達によって空知管内最初の村が開村しました。


監獄 北海道に投獄された自由民権者の人数


村の名前の由来、開村してからの発展

この時、伊藤博文の強い推薦もあって月形潔が樺戸集治監の初代典獄になり、村の名前も彼の姓を取って月形村と命名されました。
そして開村したその年に郵便局が、明治16年には月形簡易教育所が学校月形学校となります。石狩川汽船会社の設立で石狩川(江別~月形間)の運航が開始し、石狩川唯一の定期的交通路となりました。

樺戸集治監初代典獄月形潔

新撰組永倉新八

月形村の住民は、最初は主として集治監関係者であって、官吏及び種々の業務を営むための移住者だけでした。付近が開かれ、集治監の規模も拡大して官吏やその家族が増えるに伴い、物資の交易や人の往来も盛んになり市街としての形態が整うとともに、移住民も順調に増加していきました。




北海道道央開拓と樺戸集治監39年の年月
囚人達の労働

集治監における囚徒の労役は、主に自給のための伐木、開墾および諸工作でした。野菜や麻などの試作や、日用必需品、移住民等の家屋や建物の建築に必要な柾板の製造、味噌醤油醸造など日用品の製造が行われていました。しかし後に、柘植道路の開さく、家屋の建築、架橋、灌漑溝掘さく、炭鉱開発など土木工事方面を行う外役に主力が注がれていきますこれらの工事は難工事がほとんどで犠牲者も多く出ました。赤い囚人服を着ていたことから「赤い人」と呼ばれた彼らの完成させたものは、国道12号線をはじめ北海道の主要幹線道路など現在の私達の生活にかかせないものが多くあります。

逃走する囚人の追跡 篠津山囚人墓地


集治監の廃監

その後、開拓が進展して一般の集落が増加するにしたがい、集治監と一般開拓民との違和感が深まり、集治監の開拓、殖民に対する阻害作用なども現れるに及んだため、その役割を終わらざるを得なくなりました。当初は急激に増加する政治犯等の収容を主目的としていた集治監制度も、政情の安定による囚徒の減少、全国各地の監獄の整備、更には外役による各種事故に対する強い批判もあり検討を迫られました。そこで明治36年に監獄官制の大改革により集治監は廃止、樺戸集治監は樺戸監獄となり、その後大正8年1月20日をもって廃監となりました。



村から町へ、「花の里」へ
一般の入植者 月形樺戸博物館・農業研修館展示物

明治20年以降、集治監用地の一部を北越殖民者に払下げ、新潟県人の集団移民がこの地に移住することになりました。団体入殖はこれが最初で、これより後は農業を営む目的で移住する人が急速に増えました。開拓当初はイナゴをはじめアブ、蚊、ブヨやネズミと蛇といった虫や動物と悪戦苦闘が続きました。また自然との闘いもあり石狩川の洪水の対処は大変なものでした。その後、それらの問題を克服しながら知来乙や札比内など開拓は広がっていきました。



「月形村」から「月形町」へ

昭和に入ると、10年にJR札沼線全通、処女列車を迎えるほか28年に町制が施行されて月形町になりました。42年には旧樺戸集治監庁舎が北海道百年記念遺跡に指定、その後48年北海道行刑資料館として開館しました(現在の月形樺戸博物館)。同年には少年院が開院し58年に刑務所も開庁。産業方面でもピートモス(苔泥炭)工業や生コンクリート工業を中心に様々な工場が建てられました。他にも、米の生産調整に対応するための転作作物としてはじめた花の栽培も拡大していき、53年に「花き生産組合」が設立されました。今では全国に出荷され高い評価を受けています。


作業中の人々 ビニールハウス内
詳細情報
外部リンク 月形花き生産組合


現在 道民の森月形地区

平成に入ってからは新潟県新潟市南区月潟地区(旧新潟県月潟村)と友好姉妹町村締結をはじめ、月形温泉ホテル・別館(旧はな工房)のオープンや道民の森月形地区開園など、更に町の発展に力を入れています。

詳細情報
外部リンク 月形樺戸博物館スペースリンク 月形温泉ホテルスペースリンク 道民の森月形地区